2005年07月31日

7月30日に聴いたレコード

 昨日も蒸し暑い一日でした。空は曇り空。

*八時起床。朝食、入浴、風呂掃除のあと、以下、仕事をしながら。しかし暑さのせいか仕事はなかなか捗りませんでした。

『ストーン・フラワー/トム・ジョビン』A面

『或る女/エリス・ヘジーナ』A面

『ケン・エ・ケン/ジョアン・ドナート』A面

『ブラジリアンス/マルコス・ヴァーリ』A面

『ヴィーシオ/シモーニ』A面

『パラ・ヴィヴェル・ウン・グランヂ・アモール/サウンドトラック』AB面

『ウィズ・スタンリー・タレンタイン/アストラッド・ジルベルト』A面

『ショーラ・ブラジレイラ/ナナ・カイミ』B面

*夕方公園を散歩して、いつものようにベンチでビール。目の前で繰り広げられていたハグロトンボの複雑な交尾を楽しむ(別に興奮はしない。当たり前だけど)。CDを売ったり買ったりして、食材を買い出し。以下、夕食の支度をしながら。

『サンブルース/サンバランソ・トリオ』

『エン・フォルマ/ボサ・トレス』(面白くなくて途中でやめる)

『マシュ・ケ・ナダ(2 in 1)/タンバ・トリオ』

*夕食。スカイパーフェクトTVでラグビー観戦。ワインをがぶ飲みしてそのまま寝る。

*最後の3枚のみCD。あとはLPでした。

*今日の小さな発見:『ショーラ・ブラジレイラ/ナナ・カイミ』に入っていた「ワンス・アポン・ア・サマータイム」。この曲好きなのですが、「a minha valsa(la valsa des lilas)」なんて書いてあるので、入っているのに気づかなかった。ポルトガル語の歌詞はホナルド・バストス。
posted by naoki at 08:01| Comment(10) | TrackBack(2) | 今日聴いた音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月30日

デヴィッド・リンチ「ロスト・ハイウェイ」

デヴィッド・リンチの「ロスト・ハイウェイ」をたまたま・ひさびさに観ていたら、「インセンサテス」が流れてびっくり。以前に観た時には気付かなかったのですが。

しかも、映画の最後にはトム自身の演奏というクレジットが流れました。もしかしてリンチ先生、結構ジョビンが好きなのかもしれません。

映画そのものは万人には勧められません。好きな人だけ観てください。それ以上なんとも言えない映画です。僕は好きなのですが(笑)。
posted by naoki at 00:58| Comment(13) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月29日

ドン・ウン・ホマォン死去

「ラティーナ」のサイトのニュースによると、25日、リオで脳内出血で亡くなったそうです。

「あの頃」のミュージシャンが一人また一人と旅立っていってしまいますね。淋しいものです。ボサノヴァがまたちょっと遠くなりました。

ドン・ウン・ホマォンさんのご冥福をお祈りします。
posted by naoki at 01:49| Comment(10) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月25日

モレンバウム夫妻が来日しているのだけれど

今週は仕事が本当に片付いていないので、行けるかどうか微妙です。

会場はブルーノート東京です。
posted by naoki at 21:54| Comment(10) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月24日

ブラジル人とは何か/セルジオ・ブアルキ・ヂ・オランダ(新世界文化叢書)

シコの毛並みの良さについては改めて言うまでもありませんが、パパ・セルジオの処女作にして代表作、日本語で読むことができます(もしかしたら絶版かもしれませんが)。

文化人類学的には最良のブラジル解読テキストであると思います。ただ、僕などはちょっと紋切型に過ぎるんじゃないかとも思ってしまうのですが。

訳者はシコのことまったくご存じないのでしょうか? あとがきでも一言も触れられていないのがかえって面白かったりします。
posted by naoki at 01:15| Comment(12) | TrackBack(0) | シコ・ブアルキのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月23日

シコ「ブタペスト」英訳入手!

あちこち注文していたら、三冊も届いてしまいました。

読み始めていたポルトガル語版と読み合わせながら、理解を深めようと思います。今のところ通勤電車の中くらいしか読む時間がないのが悩みです。

やはり三年くらい掛かるかなあ。
posted by naoki at 15:58| Comment(10) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月20日

上田力さん(本人不在)の「ジョビン・マイ・ラヴ」ライヴ

今夜行なわれた赤坂B♭の上田さんのライヴに行ってきました。

お怪我をなさったと聞いた時には仰天したのですが、元気に音楽監督とMCを勤めていらっしゃいました。来週手術して、年内には復帰されるとのこと。

「右手の小指の先端を切断」などと聴くと、僕などは血の気が引いてしまうのですが、大事ではなかったようで、本当に良かったです。

「(僕の本)『愛と微笑みと花』のおかげで、こういうことがあると『ジョビンの思し召しかもしれない』などと皆で笑うようになってしまったよ」と言われて、嬉しいやら、恥ずかしいやら。

12月8日のトム・ジョビンの命日を復帰の日と目標にしてリハビリされるとのこと。

その日を楽しみにお待ちしています。


2005年07月18日

7月17日に聴いたレコード

 昨日の東京は暑い一日でした。しかしジョアンの教え(?)どおりに我が家は冷房を入れない日々が続きます(笑)。まあ毎年そうなのですが。

*九時起床。以下、ずっと仕事しながら。

『幻のボサ・ノヴァ・コンサート』AB面

『アフター・ザ・レイン/ミッシェル・ルグラン』AB面

『ビフォー・ザ・レイン/リー・オスカー』A面

『レイン・フォレスト/ウォルター・ウォンダレイ(ヴァルテル・ヴァンデルレイ)』A面

『雨の日のジャズ/スー・レイニー』A面

『オール・カインズ・オヴ・ウェザー/レッド・ガーランド』A面

『オーヴァーシーズ/トミー・フラナガン』A面

『テンポ・フェリス/バーデン・パウエル』A面

『アントロジア・ポエーティカ/ヴィニシウス・ヂ・モライス』B面

『ソ・ロウコ/ナナ・カイミ・イ・ヴァグネル・チゾ』AB面

『ボッサ・アンティグア/ポール・デスモンド』A面

『サマータイム/ポール・デスモンド』B面

*すべてLPでした。

*ビリー・ホリデイとコルトレーンの命日でしたが、何も聴きませんでした…。

posted by naoki at 10:15| Comment(10) | TrackBack(0) | 今日聴いた音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月15日

『イネーヂト』再発売

コメントをいただいた「銀河の抜けみち」さんもご紹介されていますが、『イネーヂト』、いよいよ再発されますね。
http://www.biscoitofino.com.br/bf/cat_cada_cd.php?id=139

2005年07月13日

カルロス・サンタナ『キャラヴァンサライ』

上田力さんから指摘されて慌ててレコード棚を引っ繰り返しました。サンタナの(なつかしの)『キャラヴァンサライ』に、トム・ジョビンの「ストーン・フラワー」が入っているのですね。

録音は1972年。ちなみにトムの『ストーン・フラワー』の録音は1970年です。

サンタナのこの録音、あまり面白い演奏ではありませんが、トムのこの曲をどうしてまたサンタナがいち早く取り上げることになったのか?

僕は、何と言うか、ものすごく広範な意味での「ラテン・ミュージック」を両者に共通する特徴として感じてしまいます。
posted by naoki at 02:42| Comment(13) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月10日

8万アクセスを超えました

数えてみたら、7月6日までの累計アクセス数が80206と、8万を超えていました。

こんなに何にもないところに、どうもありがとうございます。
posted by naoki at 16:06| Comment(11) | TrackBack(0) | どうでもいいこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月09日

妹よ!

昨夜は「妹」と思って応援しているヴォーカル嬢の歌を聴きに、近所の某ジャズクラブへ。数ヶ月ぶりだったのですが、また一段とうまくなっていて、ステージ・マナーも堂々としてきていて、思わず酒が進んでしまいました。

僕は音楽とスポーツをこよなく愛している人間ですが(ただし特定のものにかぎる)、世界の超一流もいいけれども、身近な人間が「どんどんうまくなる」を観護る(聴き護る)のは、それに劣らぬ楽しさがあります。かつてこの同じ店で歌い始めた頃に良く喋ったある女性が、その後に米国コンコードからアルバムを出したことを思い出しました。

Hよ、世界を目指せ!
posted by naoki at 14:09| Comment(10) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月06日

レイラ・ピニェイロの新作

入荷を待っていたのですが……。これで手に入るのかな?

http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=1069058#TRACK

シコとのデュエット「Renata Maria」をヴァスコに聴かせてもらってから、ずっと耳から離れないので、早く入手したいのです。
posted by naoki at 21:02| Comment(11) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月04日

シコのDVD

質問をいただいたので。

シコ・ブアルキのDVDは、日本で手軽に買えるものは二枚あると思います。「Chico e As Cidades」と「Chico ou o Pais da Delicadeza Perdida」です。

両方ともライヴの映像とインタヴューその他の映像を収めたもので、出来は甲乙つけがたいです。ゲストも豪華。前者は、マリア・ベターニャ、ジャメラォン、ゼカ・パゴヂーニョ、オスカー・ニーマイヤーほか。後者は、メストリ・マルサル、ジルベルト・ジル、ガル・コスタほか。

シコのファンならば両方持っていて損はありません。そのうちに見どころも紹介したいと思います。
posted by naoki at 22:45| Comment(11) | TrackBack(0) | シコ・ブアルキのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月03日

マリア・ベターニャは欧州ツアー

マリア・ベターニャはスペイン・ポルトガルツアー中。

当然、ヴィニシウス・ナンバーをたくさん歌うことでしょう。日本にも来るといいのにな。

http://www.biscoitofino.com.br/bf/not_empauta_cada.php?id=77
posted by naoki at 16:13| Comment(10) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする