2005年11月29日

訂正:ポント・ド・ムジコ

「愛と微笑みと花」に書いたことで、訂正というほどではないかもしれませんが、最近判明したことがあるので書いておきます。

ニュウトンは亡くなる日の当日に、奥さんのシレーニに「セントロのポント・ドス・ムジコスに行って来るよ」と言って部屋を出ました。僕は「愛と微笑みと花」で、この「ポント・ドス・ムジコス」という語に「ミュージック・スポット」と丁寧にルビを振ってしまいました。それは、この言葉がいわゆるライヴ・スポットのようなところを指していると思い込んだからでした。

ところが数日前に、『ガロータ・ヂ・イパネマ』のサウンドトラックの日本盤LPを古レコード屋で見つけて(ブラジル盤を持っているので買いませんでしたが)、その裏ジャケットの大島守さんのライナーノーツを読んで、膝を叩いたことがあります。

大島さんは、旧ヴェローゾ=現ガロータ・ヂ・イパネマのことをポント・ド・ムジコだと書いていました。さらに、それはどういう意味かと言うと、「東京駅や新宿駅にはジャズミュージシャンが仕事の打ち合わせや情報交換のために集まる場所がある。そういうところのことだ」と書いていました。

だから「ポント・ド・ムジコ」という語は、ライヴをするスペースではなくて、ミュージシャンが落ち合ったり打ち合わせたりするするたまり場のことを指しているのですね。吉祥寺で言えば「いせや」のようなところのことなのです(笑)。

まあ実に些細な話なのですが、こういう細部の情報を正していくと、色々なことが見えてくるものです。「トムはその日の午後ニュウトンと一緒にいたのではないか?」とかね。

*11月27日までのアクセス数が120017と、12万を超えました。いつもお読みいただいてどうもありがとうございます。

2005年11月28日

晩秋の日曜日の午後のボサノヴァ・ライヴ

今日の午後は都内練馬区富士見台のアジアンカフェぐるぐるで、こがねいいちろうさんとリオさんの演奏を聴いてきました。

私もすばらしいと思いましたが、うちの相方も感激して、「こういう心が伝わってくる演奏は本当にいい」とずっと言っています。確かに、ボサノヴァってこういう音楽なんだよなあと思い出させてくれるような、親密で、繊細で、謙虚で、パーソン・トゥ・パーソンで語り掛けてくれるような音楽でした。
posted by naoki at 00:20| Comment(12) | TrackBack(0) | ライヴ・リポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月27日

金曜の夜の吉祥寺Alvorada

*今日は朝早めに自宅を出て運転免許証の書き換えに行きました。電車とバスを乗り継いで1時間掛けて府中試験場に到着。ところが、門が閉ざされていて、人気がまったくありません。通知の葉書をもう一度見たら、土曜日は休みでした……。

昨夜は吉祥寺AlvoradaでToca 4の演奏を聴きました。メンバーは、木下ときわさん(ヴォーカル)、浅川宏樹さん(テナー&ソプラノ・サックス)、稲葉光さん(ギター)、千田利貞さん(パーカッション)。

ノエル・ホーザ、ドリヴァル・カイミ、アリ・バホーゾほかの旧いサンバに始まって、最後はシコ・ブアルキやパウリーニョ・ダ・ヴィオラの近過去の曲まで。ヴォーカルの木下さんの歌は、この秋に恵比寿ガーデンプレイスのボサノヴァのイヴェントで聴いたことがありましたが、しっかりとしたスタイルをお持ちで、とても好ましく思います。あれくらい歌詞をはっきりと歌ってくれると、僕くらいでもかなり意味を追い掛けながら聴くことができます。

ところで、いつも書くけれど、Alvoradaは本当に安い! 昨日は最後にちょっと予定をオーヴァーして飲んでしまいましたが、2人でチャージ込みで1万ちょっとくらいかなと思ったら、7千円くらいでした。これだとまた来ようという気になります。それを言えば都内の店が高過ぎるのですけれど、こういう手ごろな値段でライヴも楽しむことができる店というのはなかなかありません。ランチもやっていますので、皆さんぜひお立ち寄りください。
http://www.alvorada.jp/

posted by naoki at 01:12| Comment(12) | TrackBack(0) | ライヴ・リポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月25日

『エスペシャル・トム・ジョビン』ホーザ・パッソスとヴァニア・バストス

*出張の予定が決まると相方に「来週札幌だよ」などと伝えるのですが、相方は決まって「仕事で?」と訊いてきます。仕事以外に何があるというのだろう? 今度一度「プライヴェートで」と答えてみようかと思っているところ。

ホーザ・パッソスのトム・ジョビン・ソングブックは日本盤も出ているルミアール社のものが有名だと思いますが、ヴァニア・バストスと8曲ずつ歌い分けているこの一枚も良く聴いています。それぞれの録音からトムの曲だけを集めたものです。

おそらく1998年ごろに発売されたものだと思います。ホーザ・パッソスでは「Águas de março」や「Chovendo na roseira」が、ヴァニア・バストスでは「Eu sei que vou te amar」や「Luiza」や「Canta, canta mais」が良いです。

2005年11月23日

ニュウトン・メンドンサのこと

*11月23日。勤労感謝の日。新嘗祭。この日は僕の恩人の誕生日です。命日を知らないので、毎年この日にご冥福をお祈りすることにしています。

そして、もう昨日になってしまったのですが、11月22日。聖セシリアの日。この日はニュウトン・メンドンサの命日でした。

ニュウトン・メンドンサという人について僕くらいいろいろな文献を引っ繰り返した日本人もそうたくさんはいないと思うので、彼に対してはちょっと責任と言うか、愛着と言うか、因縁と言うか、そういうものを感じています。この「ボサノヴァ最大の謎」と言われる人物は、45年前の11月22日に、リオのヴィラ・イザベルの自宅のアパートメントで息を引き取りました。

彼について調べ上げたことは拙著「愛と微笑みと花」に書いたので、興味がある方はご覧いただければと思うのですが、例えばかの「サンバ・ヂ・ウマ・ノタ・ソ(ワン・ノート・サンバ)」は、80%くらいニュウトン・メンドンサが書いて、残りの20%をトム・ジョビンが書いたのではないかというのが、僕の推察です。それを裏付ける話もたくさんあります。

また、「愛と微笑みと花」を上梓してから、「ニュウトンの息子のステージを見たことがあるよ」という方に三人もお会いしました。それは不思議な感激です。でも、そのフェルナンド・メンドンサも、今から六年前に亡くなってしまいました。

「ボサノヴァ」と呼ばれる音楽の誕生に、ジョアン・ジルベルトとトム・ジョビンと同じくらい深く関わっていたのがニュウトン・メンドンサです。これから「ボサノヴァ50周年」に向けて再評価の機会があればと思っているのですが、さて、どうでしょうね。

posted by naoki at 23:55| Comment(21) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月22日

「ボサ・ノーヴァ詩大全」

*我が家は冷房もほとんど入れないのですが(今年の夏はクーラーなしで過ごしました)、暖房もあまり入れません。でも今日初めて朝ストーブを点けました。そろそろ東京も冬が近づいてきています。

中央アート出版社の「ジャズ詩大全」のボサノヴァ版「ボサ・ノーヴァ詩大全」の発行を楽しみにしているのですが、どうやら来春くらいの発行になりそうだと聞きました。

著者は、サンパウロ在住の坂尾英矩さん。おそらく日本人でこれほどボサノヴァに詳しい方はいないでしょう。刊行が楽しみです。
posted by naoki at 23:50| Comment(10) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月21日

ジョルジュ・ムスタキが「三月の水」を再録音

あまり知られていないことですが、「三月の水Águas de março」を真っ先に評価した海外のアーティストがジョルジュ・ムスタキでした。この曲の発表から間もない頃(おそらく1972年か73年だと思います)、たまたまブラジルにいたムスタキはトムに会いに行き、この曲をフランス語で録音させて欲しいと申し入れたそうです。トムは、「(ムスタキはこの曲を)商品のリストや材料の一覧ではないことを見抜いたんだ」と語っています。

ムスタキはナラ・レオンとの共演もあるし、意外にブラジルと繋がっているアーティストです。そのムスタキが今年はブラジルに渡り、「三月の水」の再録音を含む新しいレコードを録音したとのこと。プロデューサーはフランシス・イーミです。

そのフランス・イーミはこの11月22日にパリでSinfonia do Rio de Janeiro de São Sebastiãoを披露するそうです。フランスは今年ブラジル年なのだそうです。

ということをタリク・ヂ・サウザが記事にしています。

http://www.biscoitofino.com.br/bf/not_bfnamedia_cada.php?id=431

2005年11月20日

シナトラと言えば思い出すのは・・・

「コメント」のところでフランク・シナトラの話をしているうちに、シナトラにまつわる小噺を思い出しました。昔、ダラスのホテルのバーで聴いて笑い転げた話です。

*   *   *   *

ミア・ファローをものにして有頂天になったシナトラ。バーに飛び込んでバーテンにマティーニを注文します。それを一気に飲み干して、オリーブもそのまま飲み込んで、おまけにカクテルグラスを脚だけ残してバリバリと食べてしまいます。バーにいた全員が目を丸くします。

するとシナトラの隣にいた男が、「旦那」と話し掛けてきます。ミア・ファローの件を自慢したくてうずうずしていたシナトラは、さあ来たぞ、と身構えます。

隣の男はシナトラのグラスの脚を指差してこう言います。

「そこがいちばんうまいんですぜ」

*すみません。明日からは真面目に書きます。

posted by naoki at 01:50| Comment(21) | TrackBack(0) | どうでもいいこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月19日

「ヴィニシウス」のサントラが発売・下

*昨日の続きです。

カルロス・リラの「Você e eu」の次は、マルチナリアのヴォーカルが楽しい「Sei lá……a vida tem sempre razão」、トッキーニョが思い入れたっぷりに歌う「Tarde em Itapoã」。そして、カエターノの短いコメントに続いて、エドゥ・ロボが珍しく凄み(?)を利かせて「Berimbau」を歌います。

さらに、フェヘイラ・グラーの短い朗読があって、セルジオ・カシアーノの天真爛漫な「Pau-de-arara(Comedor de gilete)」、ゼカ・パゴヂーニョの「Pra que chorar」、ジルベルト・ジルの「Formosa」、マリアーナ・ヂ・モライスの「Coisa mais linda」と続いて、ヘナート・ブラスが切々と「Por toda minha vida」を歌います。ヒカルド・ブラトの朗読があって、オリヴィア・バイントンがいつものちょっと危うい歌唱で「Modinha」を聴かせます。

その次のマリア・ベターニャがヴィオラォン一本で歌う「O que tinha de ser」が、このアルバムのハイライトかもしれません。そして、フランシス・イーミの「Sem mais adeus」、ヒカルド・ブラトの言葉に続いて、モニカ・サルマーゾの「Canto triste」で幕となります。

ブックレットの写真を見ていると、早く映像が観たくなって仕方がありません。でも、観れる機会があるのでしょうか?
posted by naoki at 01:37| Comment(11) | TrackBack(0) | 新譜紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月18日

「ヴィニシウス」のサントラが発売・上

ミゲル・ファリアJr監督の「ヴィニシウス」のサウンドトラックが届きました。まだ一度聴いただけですが、これは上質なアルバムです。全28トラック(詩の朗読やコメントを含む)がすべて新録とのこと。内容をざっと紹介しておきます。

オープニングはヒカルド・ブラトの朗読。続いて、ヘナート・ブラスが「Se todos fossem iguais você」を朗々と歌い上げ、モニカ・サルマーゾが「Insensatez」を淡々と歌います。カミーラ・モルガードの朗読があって、ヤマンドゥ・コスタが「Valsa de Eurídice(Eurídice)」を演奏。シコ・ブアルキが思い出を語りながら「Medo de amar」を弾き語り、カエターノ・ヴェローゾも弾き語りで「Poema dos olhos da amada」を聴かせます。そのあとはマリア・ベターニャの朗読。さらに、アドリアーナ・カルカニョットの瑞々しい歌唱で「Eu sei que vou te amar」。そして、カルロス・リラが自己とヴィニシウスとの共作「Você e eu」をヴィオラォン一本で一気に歌い上げます。

*長くなりそうなので後半はまた明日。
posted by naoki at 00:22| Comment(7) | TrackBack(0) | 新譜紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月17日

油井正一さんに教わったこと

日本のジャズ評論家の最高峰、油井正一さんの著書に教えられたことで、忘れられないことがあります。もう何十年も前に読んだことです。別に難しい話でも何でもありません。

それは、「レコードは、見つけた時に買え」という言葉でした。油井さんは、「中古盤だけの話ではなくて、新盤だって今買っておかないと、次にいつ買えるかわからない」ということを書いていました。そうだよなあと思ってそれ以来、なるべくそのように務めているのですが、人間ですから気の緩みはあります。たまたまその時に手持ちがなくて、「まさかこの店でこれは売れないだろう」と思い込んで、数時間後にもう一度行ってみたら跡形もなく消えていた……ということは、何度もあります。

つい最近も、やってしまいました。まあ、レコードなんて「モノ」ですからね。縁がなかったのでしょうね。

さて、「ジャズの歴史物語」のあとがきによると、油井さんは昭和47年にテレヴィグローボの招待でブラジルに行って2週間をリオで過ごしたそうです。どういう感想をお持ちになったか、書き残されたものがあるとしたら読んでみたいものです。


posted by naoki at 00:58| Comment(13) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月16日

Jobim My Love  Act 35

*そう言えば(またも「そう言えば」ですが)DUGにあるマイルスの油絵はすごくいい。すごくピュアでパワフルな絵です。機会があればご覧下さい。

上田力さんが一九九七年から取り組んでいる「ジョビン全曲演奏」のプロジェクト「Jobim My Love」。第35回目の今回は、ジョビンの十一回目の命日に赤坂B♭で行なわれます。ジョビンの名曲を今回はどう料理してくれるのか楽しみです。ブラジルでバースデイ・ライヴを終えたばかりの吉田さんの土産話も聞けるかもしれません。

2005年12月8日(木)@赤坂B♭
開場6:30 p.m./開演7:30 p.m.
CHARGE 前売:\3,700 当日:\4,000

CHIKARA UEDA & NANDA NOVA
上田力(Piano)
吉田和雄(Drums)
古屋栄悦(Bass)
松崎義一郎(Bassoon)
池田雅明(Trombone)
田中佑子(Piano)
黒沢綾(Voice)

<お申し込み・お問い合わせ>
e-mail  hiroshiueda_key@yahoo.co.jp
tel&fax  03-3408-7588 Space Nova

2005年11月15日

『ノ・トム・ダ・イストリア』チボー・デロル

*そう言えばこの前板垣さんのパーティでDUGに行った時、中平さんが「去年ジョアン・ジルベルトに行ったよ」と言っていました。でもすぐにほかの話題になってしまって、感想を聞くのを忘れてしまいました。今度機会があればお聴きしようと思います。

 この数年に発売されたトム・ジョビンのソングブックの中で僕が最も良く聴いているのがこの『No Tom da história』というアルバムです。

 リーダーのチボー・テロルはフランス人のコントラバス・プレイヤー。トム・ジョビンの生まれた土地を良く知りたいがために一九九七年からブラジルに住んでいて、カルトゥーラ交響楽団のソリストを務めているそうです。

 フルートのレア・フレイリ、ピアノのティアゴ・コスタ、ヴィオラォンのパウロ・ジョビンらの好サポートもあって、非常にクラシカルな、晩年のトム・ジョビンが好んで演奏していたようなサウンドを聴かせてくれます。木造の部屋の中で良く響きそうな音楽。録音は二〇〇一年のようです。

 中でも良いのは、「Boto」、「Luiza」、「Falando de amor」。いずれも深い余韻を残す好演奏です。イントロでショパンをもじった「Amparo」や、ストラヴィンスキーの「火の鳥」が出てくる「Sabiá」も面白い。また、「Valsa do porto das caixas」という非常に珍しい曲も演奏しています。

2005年11月14日

11月13日に聴いたレコード

*今日の東京は昨日と同様本当に美しく良く晴れました。八時半起床。短文を一つ書いて、風呂に入って、朝食を食べて、以下、掃除と仕事を交互にしながら。

『ブルーズ・ムード/ブルー・ミッチェル』A面

『ブラック・オルフェウ・インプレッションズ/ルイス・ボンファ』A面

『シェルブールの雨傘/リナ・ホーン&ミッシェル・ルグラン』A面

『メイ・ノーミ・エ・ガル/ガル・コスタ』AD面

『レニー・アンドラーヂ・イ・クリストヴァオン・バストス(アントニオ・カルロス・ジョビン集)』

『スカイラーク/ポール・デスモンド』A面

『エラ・エ・カリオカ/ジョアン・ジルベルト』A面

『バッハ・パルティータ全曲/グレン・グールド』ABCD面

『ザ・ケリー・ダンサーズ/ジョニー・グリフィン』B面

『ガブリエーラ/サウンド・トラック』A面

*公園を散歩して、食材を買い物。以下、夕食の仕度をしながら。

『ボサノヴァ/エミリオ・サンチアーゴ』

『五月の風/ナラ・レオン』

*食事をして、ハンフリー・ボガートの映画のDVDを観て、今に至る。

*A面B面の表記があるものがLPで、ないものがCDです。
posted by naoki at 01:00| Comment(13) | TrackBack(0) | 今日聴いた音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月13日

スカートを脱いだイパネマの娘

*雨上がりの明るい光の一日。今日はずっと音楽を掛けずに仕事に集中していました。

先日の「ガロータ・ヂ・イパネマ」のカヴァー・レコーディングの話の続報です。

そう言えば、とふと思い付いて、「all music」で「boy from ipanema」で検索したら、32件がヒット。アーティスト数は17名でした。重複の消し込みは……もう面倒でやっていられません。

この曲の私家版ディスコグラフィを作ろうかと思っているのですが、予想以上に困難を極めておりまして、完成するかどうかわかりません。完成したら、アーティスト名の一覧だけでもこの場で公表しようかと思っているのですが、さて、どうなることやら。

それにしても、「ガロータ・ヂ・イパネマ」については普段あまり顧みることもなかったのですが、やはりこれは偉大な一曲なのでしょう。ある種の金字塔であることは間違いありません。
posted by naoki at 00:21| Comment(14) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月12日

お詫び

*システム障害で安定しない状態が続いており、申し訳ありません。DIONの対応が遅くて遅くて……。

 面倒なのですが、引っ越しも検討します。
posted by naoki at 10:09| Comment(10) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月11日

板垣真理子さんの出版記念パーティ

今夜は新宿DUGで板垣真理子さんの新刊の出版記念パーティ。大変な盛会でした。

この新刊、僕にとっても感慨深い事情があります。

昨年のジョアン・ジルベルトの東京初日の国際フォーラムで、コンサート終了後にうちの相方が板垣さんと十何年ぶりにばったり会いました。板垣さんはジョアンのコンサートのプログラムに文章と写真を寄せていて、この夜はジョアンのステージ写真を撮るために来ていたのでした。

その場に居合わせたのが、僕のアントニオ・カルロス・ジョビン・ブック(「三月の水」と「愛と微笑みと花」)でお世話になった彩流社の営業・編集の春日さんでした。「愛と微笑みと花」のチラシを会場に置かせていただくために来ていたのです。

早速4人で数寄屋橋のニュー東京に遅い夕食を食べに行きました。そして、その夜の出会いが縁となって、板垣さんの新刊が彩流社から出ることになったわけです。

だからこれはジョアン・ジルベルトとトム・ジョビンのア・リトル・ヘルプを得ての発刊ということになるのではないかと思います。

さて、板垣さんの新刊のタイトルは、「スプーン曲げに夢中」。今日のパーティの後半は出席者全員で大スプーン曲げ大会。僕と相方はなかなか曲がらなかったのですが、ナナ・カイミがかかったところで二人とも曲がりました。うーん、どうもやはりその手の重力が働いているような気がします。
posted by naoki at 01:06| Comment(12) | TrackBack(0) | メウ・アミーゴス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月10日

『トム・ブラジレイロ』フィロ・マシャード・イ・シベーリ・コドーニョ

 名手フィロ・マシャードがヴィオラォン一本で弾き語るトム・ジョビン集。シベーリ・コドーニョという女性歌手も参加しています。さすがに聴かせるのですが、十五曲はちょっと多過ぎるかな? 正直、僕は最後は飽きてしまいました。ベストトラックとしてはラストの「Só tinha de ser com você」を挙げておきます。

 フィロ・マシャードは一九五一年生まれ。ジャヴァン、エルメート・パスコアル、ミッシェル・ルグランなどとの共演があります。

2005年11月09日

マウント・サイナイ病院

*加速度的に年末進行の渦に巻き込まれ始めました。このまま年内は突っ走ることになるのだろうか?

スカイ・パーフェクトTVでエリア・カザンの「紳士協定」を観ていたら、会話の中に「マウント・サイナイ病院」が出てきたのでちょっと驚きました。今から11年前の12月8日にトム・ジョビンが息を引き取ったニューヨーク・マンハッタンの病院です。

「紳士協定」は1947年の映画なので、この病院がいかに古くからいかに有名だったかが良くわかります。でも、トムの治療に関しては、「あれは医療ミスだったのではないだろうか?」という疑いがあることは、拙著「愛と微笑みと花」で紹介した通りです。少なくとも官僚主義に凝り固まったどうしようもない体質であったことは、エレーナ・ジョビンの「ボサノヴァを創った男」を読んでも良くわかります。つくづく、病院というのは知名度だけで選んではいけないのだなあと思います。

ちなみにマウント・サイナイという病院はロサンゼルスやトロントにもあるようです。日本流に言うと菩提樹病院とか天岩戸病院という感じのネーミングでしょうか?(そんな病院きっとないですね)

2005年11月08日

イパネマの娘のカヴァー・レコーディング

*週末に青山で偶然にホブソン・アマラルと会いました。彼とは一度映画館の中でもばったり会ったことがあります。うーむ、縁があるのだなあ。

以前に「ガロータ・ヂ・イパネマ(イパネマの娘)」はどのくらいのアーティストに録音されているのだろうか?というお題をいただきましたが、その中間報告です。

まず、「all music」(http://www.allmusic.com/)で、「girl from ipanema」で検索すると540件がヒットします。また、「garota de ipanema」で検索すると118件がヒットします。でもこれはディスクの数。ここではとりあえずアーティストの人数(グループ数)だけを調べたいので、1人が複数のディスクに吹き込んでいるものなどを除外すると、「girl from ipanema」で279人、「garota de ipanema」で68人のアーティストが録音していることがわかります。

さらに、「clique music」(http://www2.uol.com.br/cliquemusic/)で「garota de ipanema」で検索すると、110件がヒットします。アーティスト数を数えると61人です。

そして、上記を足し合わせて重複をマイナスすると、365人という数字が出ました。

ただ、ざっとリストを眺めただけでも「あれがないぞ」というものがいくつもあるので、どちらのサイトも完璧ではないものと思われます。ですから今のところは、「400人前後が録音しているのではないか?」という感触です。これ以上詳しいことがわかればまた報告します。

しかしディスコグラフィは面白い。「girl from ipanema」は、ルイ・アーム・ストロング、クリフ・リチャード、アーチー・シェップ、それから何とキャブ・キャロウェイにも録音されているようです。

posted by naoki at 00:51| Comment(18) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする