2011年01月25日

1月24日の1曲 「ブエノスアイレスの冬Invierno Porteño」アストル・ピアソラ

 朝4時50分起床。北九州に日帰り出張。ところが朝の電車の接続がことごとく悪くて、北九州行きの飛行機に乗り遅れる。しかし僕は飛行機に乗り遅れることに関してはエキスパートみたいなものなのであえて言うけれど、こういう時のJALの対応は不親切だ。ANAの方がずっと親身になってくれる。もちろん乗り遅れるような時間に自宅を出る僕が悪いのだけれど。何とか福岡行きに変更してもらってことなきを得る。

 福岡空港から小倉へ。今日はレンタカーは借りずに電車とバスで移動。途中ところどころで雪が降っている。昼食はだるま堂の焼うどんというおのぼりさんコース。仕事は無事に済んで、そのあとまた福岡方面に移動して、夕方には北九州空港へ。雲に当たった夕陽が海に再反射して美しいオレンジを放っていた。帰りの便はスターフライヤー。非常用設備の案内の「スターフライヤーニンジャ」が最高。シートもとても快適で、スターフライヤー応援しなくちゃと強く思う。

 夕食は昨日の「シチュー鍋」を再利用。Jスポーツでラグビーのハイネケンカップの試合を見ながら。で、行きの飛行機の中のオーディオプログラムでピアソラの「ブエノスアイレスの冬Invierno Porteño」が掛かっていたので、深夜に『レジーナ劇場』を聴く。ブエノスアイレスに行きたい。前から言っているのだけれど、今の我が家の予定だと、次の、次の、次の、次くらいの海外旅行になるのだろうか?
posted by naoki at 03:29| Comment(0) | 今日の1曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月17日

1月16日の1曲 「サンバ・ダ・ホーザSamba da Rosa」ヴィニシウス・ヂ・モライス&トッキーニョ

 朝5時30分起床。一人でレンタカーを運転して埼玉と群馬と栃木の県境近くを回る。熊谷から出発して、行田、羽生、加須、館林、佐野、足利へ。誰に会うわけでもなく、遊んでいるみたいだがこれも仕事。好天だったが、日陰には雪が残っていて慎重にアクセルを踏む。昼食は佐野でラーメン。大泉には今日は寄れず。すぐ近くにはいたのだが。

 十枚くらい持って行ったCDの中に、ヴィニシウスとトッキーニョとマリア・ベターニアのブエノスアイレス録音があった。昨年クレオール・ストリーム・ミュージックから国内盤が出て、その短いレヴューをラティーナに書くことになって、12月の前半くらいは毎日のようにこれを聴いていた。冒頭の「ア・トンガ・ダ・ミロンガ・ド・カブレテーA Tonga da Mironga do Kabuletê」も捨て難いが、1曲選ぶとすれば「サンバ・ダ・ホーザSamba da Rosa」。深夜のAMラジオに合いそうなこの曲の余韻が好きだ。ボサノヴァもサンバも本来は歌謡曲なんだよなと思う。

 帰りに吉祥寺のブックオフで特売をしていて、辞書も1冊300円で売っていたので、英英辞典を中心に辞書ばかり6冊買う。店員が親切。夜は自宅で鍋。ラグビーのワイルドカードトーナメントの録画を見ながら。でも先週熱を出してから食が細くなっている。

posted by naoki at 03:29| Comment(0) | 今日の1曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月09日

1月8日の1曲 「リジアLigia」シコ・ブアルキ

*何ごともなかったかのように。

 明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願いします。

1月8日の今日の1曲

 朝6時起床。相方は出勤して仕事。僕は自宅で仕事。風呂に入ってシャツを洗って9時にパソコンの前に座る。昼まで原稿を書いて昼食を作って食べる。ベーコンエッグライスとごぼうの味噌汁。BGMはシロ・モンテイロ。食べ終えてJスポーツで高校ラグビーの決勝を見る。東福岡対桐蔭学園。同点引き分け両校優勝。最後に両チームの選手が入り乱れて喜びを分かち合っているシーンでちょっと泣いてしまう。ラグビーはこれでいい。桐蔭学園の松島幸太朗という選手は、僕がこの30年間に目撃したベスト高校生フルバックかもしれない。南アフリカに行くそうだけれど、前途の幸運を祈りたい。

 それからもうちょっと仕事をして、井の頭公園を散歩する。春まではまだとてもとても遠いが、陽射しにちょっとした伸びやかさが感じられる。それで嬉しくなって、帰ってきてまたもうちょっと仕事をしながら、西の空の最後の明るさの中で、シコの『シナル・フェシャードSinal fechado』を一度だけ聴く。このアルバムにはジョアン・ジルベルトが日本公演で歌った曲が3曲含まれているのだけれど、そういうことを話題にする人はほかにいない。おそらく世間の多くの人と僕の興味が違うのだ。「リジアLigia」が始まる頃には外はほとんど暗くなっている。こういう夕方に思い出す中学生時代の光景があるのだけれど、その話はまた今度。

 吉祥寺で相方と会って、カレーの材料を買い込んで帰る。料理は僕。BGMはシエラ・マエストラ。これは翌日の準備。夜もう一度高校の決勝を見る。

*いろいろと模索しているところです。
posted by naoki at 09:12| Comment(0) | 今日の1曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする