2016年12月30日

サラヴァ、ピエール・バルー、サラヴァ

ピエール・バルー……。ライヴは数回見た。言葉を交わしたのは一度。僕がトム・ジョビンの本を書いたと言うと、「ああ、彼とは友達だった……。ヴィニシウスとも、バーデンとも、みんなみんな友達だった。一緒に演奏したものだ。ずっと昔のことだ……」と懐かしがっていた。それで本を送ったのだった。もっとちゃんと話したかった。一緒に何かしたかった。伝手があったのだが、まだ時期ではないと思っていた……。
あまり知られていないことだが、彼は大のラグビーファンで、7人制の国際大会を主催したり、ラグビーチームの自主映画を製作したりしている。2019年のラグビーワールドカップでジャパンとフランスが対戦したら隣で一緒に観たい人だった……。
ただただ残念。惜しい。哀しい。ご冥福をお祈りします。世界はまた少し淋しくなってしまった。
posted by naoki at 02:28| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする