2010年01月23日

たった一つのボサのナラ

昨日(1月21日)西荻窪 Aparecidaで堀内隆志さんと荒井めぐみさんによる『ナラ・レオン 美しきボサノヴァのミューズの真実』出版記念トークショーがありました。

今回の『ナラ・レオン 美しきボサノヴァのミューズの真実』の発行(2009年12月11日発行)は快挙と言うしかありません。監修の堀内さん、翻訳の荒井さん、版元のブルース・インターアクションズのご尽力に脱帽します。堀内さんに至っては8年越しの思いが叶ったということで、本当に良かったです。おめでとうございます。

昨夜のトークショーは、セルジオ・カブラルのこのテキストに沿って、ナラ・レオンの生涯を数多のエピソードを織り交ぜながら辿っていくものでした。時間内に予定の半分も進行しなかったようで、後半は後日またということに。ブラジルの大衆音楽の変遷のそれぞれの局面で重要な役割を演じてきたナラのことを2時間くらいで語り尽くせるはずがないので、それは良いことだと思います。

表題は、堀内さん所有のブラジルの雑誌のある記事のタイトルです。原題は、「Nara de uma bossa só」。このタイトル、すごく良いですね。僕は一発で気に入ってしまいました。これで1曲書けそうな感じがしてくるくらいです。もちろんこれはナラがボサノヴァしか歌わなかったという意味ではありません。その反対です。念のため。

それにしても堀内さんの雑誌のコレクションにはほとんど呆れてしまいました。「ボサノヴァの歴史」で紹介されていたあの記事この記事の原典の実物をご披露いただいて、引っ繰り返りそうになりました。いずれもだいたい50年前にブラジルで発行された雑誌です。どうしてそんなものを持っているんだろう??

あと、これを機会にセルジオ・カブラルのほかの著作も日本で紹介されるようになると嬉しいです。

良い夜でした。僕はこの本まだ読み掛けですが、しばらくはナラ・レオンを思いながら時間を過ごすことになりそうです。
posted by naoki at 04:57| Comment(0) | ライヴ・リポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。