2010年03月19日

シコ・ブアルキ物語@ラティーナ(2)

「ラティーナ」連載の「シコ・ブアルキ物語」。第2回目は、「トロピカリスタとシコ・ブアルキ」です。

1960年代末期のシコとカエターノとの関係は、今はもうほとんど語られなくなりましたが、この時期の両者の「確執」はシコの音楽に大きく影響を落としています。とりわけ71年の「コンストルサォン」は……などということを中心に書いています。明日発売予定の4月号に掲載されますので、ぜひお読みください。

それにしてもまだ1971年までしか話が進んでいない……。でもこの時期のシコの周辺を語ろうとすると、紙数がいくらあっても足りなくなってしまって、大変悩ましいところです。


*私は今四国にいます。今回のアグスティン・ペレイラ・ルセーナの来日ライブには行けません。大変残念です。ご成功をお祈り致します。

*そう言えばラティーナのサイトのニュースに、パウロ・セザル・サラセーニの映画のサントラへのジョアン・ジルベルトの新録音の記事があります。楽しみだ。
posted by naoki at 20:42| Comment(0) | シコ・ブアルキのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。