2010年05月20日

シコ・ブアルキ物語@ラティーナ(4)

「ラティーナ」連載の「シコ・ブアルキ物語」。第4回目は、「演劇・映画とシコ・ブアルキ」について書きました。

デビュー直前の1960年代中盤から1970年代末までのシコにとって、演劇作品というのは極めて重要な作品発表の場でした。一時期までのシコは「芝居」というフォーマットに人並ならぬ愛着を持っていたように思えます。そのことを中心に、ようやく話が1980年代の軍事政権終結くらいまで進んできました。少なからず安堵しているところです。

今回は結構日本では知られていないエピソードも盛り込んだので、興味を持って読んでもらえると思うのだけれど。「ラティーナ」6月号は今日発売です。ぜひお読みください。

*昨日、渋谷タワーレコードのインストアライヴで秋吉敏子さんを聴きました。タワーレコードで秋吉敏子さんなんてすごいことです。大学時代にジャズ喫茶のレコード係として客が入らない夜に「孤軍」を掛けて踊っていた僕としては夢のようなことです。しかも1曲目が「Long yellow road」だなんて。秋吉さんのピアノはオーケストラそのものでした。曲間のお話もとても良くて、僕の周辺では啜り泣き多数でした。良い夜でした。
演奏曲目:「黄色い長い道」「ソルヴェージ・ソング」「ディープ・リヴァー」「ホープ(『ヒロシマ そして終焉から』より)」


posted by naoki at 23:41| Comment(1) | シコ・ブアルキのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
岩切様、10年以上も前に「Cálice」を耳にしてからシコの大ファンです。何とか理由をつけてブラジルに行き(昔は入手困難でしたね)、「Cálice」の入ったCDを買って聴いた時はほとんど平伏せんばかりでした。「ラティーナ」を読ませて頂きました。一つお願いがあります。お暇なとき「Bom conselho」も訳して頂けないでしょうか。大好きな、とても気になる歌ですが、背景がよくわかりません。この映画も見る機会がありません。どうぞよろしくお願いいたします。
Posted by オタリスタ at 2010年11月03日 22:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。