2011年01月09日

1月8日の1曲 「リジアLigia」シコ・ブアルキ

*何ごともなかったかのように。

 明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願いします。

1月8日の今日の1曲

 朝6時起床。相方は出勤して仕事。僕は自宅で仕事。風呂に入ってシャツを洗って9時にパソコンの前に座る。昼まで原稿を書いて昼食を作って食べる。ベーコンエッグライスとごぼうの味噌汁。BGMはシロ・モンテイロ。食べ終えてJスポーツで高校ラグビーの決勝を見る。東福岡対桐蔭学園。同点引き分け両校優勝。最後に両チームの選手が入り乱れて喜びを分かち合っているシーンでちょっと泣いてしまう。ラグビーはこれでいい。桐蔭学園の松島幸太朗という選手は、僕がこの30年間に目撃したベスト高校生フルバックかもしれない。南アフリカに行くそうだけれど、前途の幸運を祈りたい。

 それからもうちょっと仕事をして、井の頭公園を散歩する。春まではまだとてもとても遠いが、陽射しにちょっとした伸びやかさが感じられる。それで嬉しくなって、帰ってきてまたもうちょっと仕事をしながら、西の空の最後の明るさの中で、シコの『シナル・フェシャードSinal fechado』を一度だけ聴く。このアルバムにはジョアン・ジルベルトが日本公演で歌った曲が3曲含まれているのだけれど、そういうことを話題にする人はほかにいない。おそらく世間の多くの人と僕の興味が違うのだ。「リジアLigia」が始まる頃には外はほとんど暗くなっている。こういう夕方に思い出す中学生時代の光景があるのだけれど、その話はまた今度。

 吉祥寺で相方と会って、カレーの材料を買い込んで帰る。料理は僕。BGMはシエラ・マエストラ。これは翌日の準備。夜もう一度高校の決勝を見る。

*いろいろと模索しているところです。
posted by naoki at 09:12| Comment(0) | 今日の1曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。