2011年02月20日

2月19日の1曲「夜明けFim de Noite」シコ・フェイトーザ

 朝7時起床。パソコンを開いてグーグルのトップページで今日がブランクーシの誕生日であることを知る。パリのポンビドゥの敷地の一角に再現されているブランクーシのアトリエを思い出す。あれは僕のような人間にとっては一つの理想の空間だ。仕事に必要なのは静謐と太陽光線だなあと思う。

 ラグビー日本選手権準決勝。三洋電機対東芝。秩父宮ラグビー場。14時キックオフ。前半29分までに東芝が3トライを奪って21対3とリード。しかし三洋は田邉の3つのPGで点差を縮め、後半に入ると霜村のトライとコリニアシのトライで同点。さらに北川が2つのトライを取って33対21で逆転勝利。間違いなく今シーズンのベストゲーム。三洋の4つのトライは――特にホラニ・コリニアシのノーホイッスルトライは長く記憶に残ることになるだろう。興奮した。

 その熱を冷ますためにラグビー場に近接した酒場に入ると観戦仲間もいて、ちょいと一杯のつもりが止まらなくなってしまう。居合わせた三洋ファンの女性たちとラグビー談議に花が咲いて実が生って。帰りは深夜。相方と二人でくたくたになって、もう深酒はやめようと誓い合う。

 今日の曲は上記の行動とは何の関係もないのだけれど、夜明けに目が覚めて掛けたのがシコ・フェイトーザだったので。この『シコ・フィン・ヂ・ノイチChico Fim de Noite』はボサノヴァを聴いてきたことの幸せをしみじみと噛み締めさせてくれる一枚だ。
posted by naoki at 05:04| Comment(0) | 今日の1曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。