2011年03月02日

アストラッド・ジルベルト「ユー・ディドント・ハフ・トゥ・ビー・ソー・ナイスYou did’nt have to be so nice」

3月1日

 昼間月刊誌の仕事をしているので、毎月末に責了が終わると非常に解放感を感じる。特に2月という月は厄介な月で、年末年始の特別進行が落ち着いてきたかなというところで気が付いたら3日足りないという月なので、ほっとする感じはひとしおだ。かと思うと週間の仕事の締め切りが残っていたり、別の月刊誌の仕事が待っていたりするのだが、とりあえず今日のところは解放感。夕方に渋谷で相方と会って……でも結局は自宅でおでん。それでも解放感。

 おでんをつまみながら日曜日の日本選手権の決勝の録画を初めてちゃんと観る。三洋電機対サントリー。シーズンの締め括りを飾るにふさわしい好ゲーム。僕たちはクライストチャーチのためにオールブラックのジャージで観戦。ひたすら攻め続けて三洋の防御網を突破したサントリーは見事。三洋は、新日鉄釜石と神戸製鋼以来の四連覇は成らなかった。4年も勝ち続けるのはやはり難しいのだ。トニー・ブラウンはこれで最後だろうか? サントリーでは、テストマッチ139キャップのジョージ・グレーガンがこのゲームで引退。いろいろな感慨のあるゲーム。

 夜中に思い出し仕事(思い出し笑いのようなもの)のために起き出して、ビールを飲みながらパソコンを叩いてアストラッド・ジルベルトの『ビーチ・サンバBeach samba』を聴く。このアルバムにはラヴィン・スプーンフルの名曲「ユー・ディドント・ハフ・トゥ・ビー・ソー・ナイスYou did’nt have to be so nice」が入っている。今から30年くらい前、たまたま聴いていたラジオの番組に出ていた松任谷由美が、「守ってあげたい」という曲を書いたのはこの曲が好きだったからだと、「You did’nt have to be so nice」というフレーズで曲を作ろうとしているうちにそれが「You don’t have to worry」になったのだと話していた。アストラッド・ジルベルトの話をする時にこの曲の話をする人はまずいないので、実は僕もこれ気に入っていたんだよなと、ユーミンにちょっと親近感を持ったことを思い出す。

 3月。人々が去来するシーズン。「You did’nt have to be so nice」というのは、「そんなに良くしてくれなくても良かったのに」という感じだろうか? この曲をジョージ・グレーガンとトニー・ブラウンに。
posted by naoki at 02:44| Comment(0) | 今日の1曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。